円安とは

円安とは円高の逆ですが、どんな状態の事なのでしょうか。

1ドルが100円の時と200円の時に、円の価値が高いのは、どちらでしょうか。

一目見れば200円の方が高いように思ってしまうのですが、100円の方が、円の価値的には高いことになります。

例えば海外旅行に行った場合に円をその国のドルに両替します。

為替レートによって値段が変動しますが、1万円両替する場合に、1ドルが100円の場合に1万ドルを両替すれば100ドルになるのですが、1ドルが200円の場合なら1万円両替しても50ドルにしかなりません。

ということは200円の方がドルの価値は高くて、円の価値が低いということになり、それが円安なのです。

円安がどんどん進むと、相対的に日本製品は海外で安く購入できることになりますから、日本の製品の輸出量が増えるという傾向にあります。

逆に海外の製品が高くなってしまいますから、輸入する量が減るという仕組みです。

日本の経済にとって輸出量が増えることで日本の製品が海外で売れるということは、それだけ経済に影響を与えますから円安になったほうがいいのかもしれません。

しかし海外旅行などを楽しみたいと思っている人にとっては、円安は、痛手となります。

海外へ行っても日本の円の価値は低いですから、高く感じてしまうので、海外旅行へいくという場合には、円高の時に行くのがベストです。

しかし円高の時には日本経済が潤っていない可能性もあり、円安の時は潤っていても外に出られないというなんとも皮肉なバランスです。