ペットローンはペットを買ったり治療費など使い道が限定されていますが当然、ローンの審査にクリアしなければ利用することはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

すでに他社から借金があったり、所得制限がかかっているローンでも収入を証明する書類が必須となってきます。

ペットローンは使い道が制限されているローンですからペットショップが発行する領収書などの提出も求められます。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安...など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件として「安定かつ継続した収入があること」が挙げられていることが多く具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも継続してお仕事をしているかということを重要視しているようです。

もちろん、年収は多い方が有利なことに変わりがありませんがそれよりも勤続年数が1年以上(できれば3年以上)ある事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが目的別ローンや多目的ローンで対応している業者は多いです。

融資元には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることという条件があることが多いです。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は早いですが、カードもありませんし追加融資も受けられません。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンという商品があります。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップの見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開している沼津市指定の金融機関です。

銀行の場合、ペットローンは多目的ローンで対応するのが一般的ですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行ペットローンの内容は、最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

パソコンやスマホからなら24時間いつでも申込が可能で審査から手続きまで全てがWeb完結します。

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入があることが求められます。

ペットショップでペットを購入する際にローンを組む場合、頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

借入金額が減ることで審査のハードルもぐっと下がりますから安心してペットローンを利用できますよね。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんが頭金の金額は任意です。

ただし、生体価格以外にワクチンなど別途費用がかかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

その他餌、ペットシーツ、おやつなどのといった消耗品も必要になってきますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンを利用する際にも審査を受けて承認されなければなりません。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが銀行のペットローンは、審査が厳しいと評判です。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが金利が低いほど審査が厳しいのが一般的です。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度としては銀行が一番厳しくその次は信販会社のペットローンと言われています。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に利用されるローンです。

人気があって比較的安いといえば柴犬ですが20万前後が相場ですし人気犬種のトイプードルやロングチワワの場合、相場は20万円から38万円です。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

さらに血統書の有無でも価格は変わってきますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

ペット選びというのは、運命の出会いですからすぐに連れて帰るためにはペットローンを有効に利用したいですね。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行の場合は年収制限はついていませんので、アルバイトでも申し込めます。

信販会社だと、オリコに多目的プランがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも利用可能です。

消費者金融にはペットローンというサービスはありませんが、プロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

関連ページ