ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが残念

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME >> ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが残念

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが残念

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうので数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しい、請求手続きが複雑など実用的でない保険が多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは健康ですから、保険の必要性を感じられないためペット保険は損と感じる人も多いようです。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

スルガ銀行は関東ではあまり見かけないかもしれませんがネットバンキングでは全国展開している沼津市指定の金融機関です。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

インターネットで全国どこからでも申込でき審査から手続きまで全てがWeb完結します。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定した収入があることが条件となっています。

ペットローンを提供している銀行は少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

スルガ銀行やイオン銀行にはペットローンの提供があり、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行は金利が年3.8%から年8.8%、借入金額は30万円から700万円、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。

スルガ銀行の最高借入金額は800万円で、年利2.5%から7.5%、借入期間は最大10年で、こちらも繰り上げ返済がいつでも無料です。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

金利は、銀行の一番低く、消費者金融が1番高いとされていますが審査は低金利なローンほど厳しくなると言われています。

同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンというローンもありますが、ペットローンのように使途を限定することにより低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも格段に審査が厳しいと思われますので審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンに申し込んでみるのも良いのではないでしょうか。

又、銀行カードローンの審査は信販会社で提供しているペットローンと同じくらいの審査基準という話もありますから両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが融資を受けるわけですから一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、所定のローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

これまでに自己破産や債務整理の経験があったりそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなのでペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

ショッピングローンはなんとなく、審査のハードルが低く見られがちですがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですがその他には目的型ローンとして、教育ローン等と言ったローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が必須条件となっていますから継続勤務期間は最低でも1年以上は求められます。

雇用形態や年収については、イオン銀行の場合は原則として前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はないので、アルバイトでも申し込み可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも利用可能です。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。

ペットローンを用意している銀行や信販会社は色々とありますがどんなローンであっても返済する際には利息が発生します。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり審査は金利が低くなるほど厳しくなります。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの金利はというと、年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利となっています。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対しオリコやプロミスは300万円と低く、プロミスには総量規制が適用されます。

ペットローンというのはペットの購入費などに使い道が制限されているローンなのですが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。

申込み方法には郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンは使途が限られているローンなのでペットショップが発行する見積書なども必要になります。

メニュー