ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

ペットローンという商品を扱っている銀

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME >> ペットローンという商品を扱っている銀

ペットローンという商品を扱っている銀

ペットローンという商品を扱っている銀行は実は少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社のローンと比較してかなり低金利になっています。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、返済期間は1年から8年迄、繰り上げ返済手数料はタダです。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが目的別ローンといった形で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借入可能ですが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介するとペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

カインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので運命の出会いがあるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社にはジャックスやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンという商品は取り扱っておらず、目的別ローンとしてペットの購入に利用できるようになっています。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことでその代表的なものとしてオートローンやマイカーローンなどがあります。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができ、金利は6.0%から13.2%です。

セディナには総合目的ローンという商品があり最高300万円まで融資可能で、金利は7.8%から11.8%です。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品を利用することができます。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップから発行された見積書や契約書があれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。

ペットもケガや病気になることは十分考えられるのですが残念ながら、人間のような医療保険制度と比較するとまだまだです。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうのでペット本体よりも治療費のほうが高額になることも珍しくありません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しい、請求手続きが複雑など実用的でない保険が多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンにも審査があります。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが銀行のペットローンは、審査が厳しいと評判です。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

返済能力がある人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しくその次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。

ペットショップでペットを購入する際にローンを組む場合、頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

借入金額が減れば審査のハードルも下がりますからペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金は多いに越したことはありませんが金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金にするのはおすすめしません。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などローンを組むのに手をこまねいているという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんがそれよりも勤続年数が1年以上(できれば3年以上)ある事の方が重要です。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行には使い道が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですが楽天銀行の自動車ローンは通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

メニュー