ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

ペットショップでペットを買う際にロー

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME >> ペットショップでペットを買う際にロー

ペットショップでペットを買う際にロー

ペットショップでペットを買う際にローンを組むとしたら頭金を用意しておくことで借入金額を減らすことができます。

借入金額が減ることで審査のハードルもぐっと下がりますから安心してペットローンに申し込むことができると思います。

頭金を積む金額は多い方がよいですが金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

別途かかる費用としては首輪やリード、餌やペットシーツなどといったものも必要になりますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

ペットローンを取り扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介すると例えばペットローンの場合は、購入したペットの代金を信販会社が立て替えて支払います。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

ペットショップで有名なコジマでペットを購入し、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

信販会社にはジャックスやセディナ、オリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンという商品は取り扱っておらず、目的別ローンとしてペットの購入に利用できるようになっています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことで代表的なものは、自動車を購入する際のマイカーローンなどがあります。

コジマのペットローンとして提携しているオリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができます。

同様に信販会社のセディナにも総合目的ローンという商品があるのですが最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

ペットローンはペットを買ったり治療費など使い道が限定されていますが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。

ローンの申込み方法は郵送やインターネットがありますが、ローン申込書に記入し提出することになります。

申請に必要なものとして、運転免許書等本人確認書類のほかに50万円を超える借り入れの場合は収入を証明する書類も必要になります。

他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンというローンは使い道が限定されているローンなので使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。

ペットローンは比較的効果な動物を購入する際に利用可能なローンですが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないと家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、その原因を解明しないと他のローン審査も通過できない可能性があります。

これまでに自己破産や債務整理の経験があったりそういう過去がある人は信用情報に問題があります。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時に借入件数や金額を少な目に記載するなど、虚偽申告している場合は問題外です。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ちょっとした通院でも全額実費になりますので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

近頃はペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

また、ペットが若いうちは健康ですから、保険の必要性を感じられないためペット保険は損と感じる人も多いようです。

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

ローンには銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものとがありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンであれば専業主婦でも利用することができますが、ペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の申し込み条件に「安定した収入がある方」という項目があり場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、ご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンを取り扱う金融機関や信販会社は数多くありますがどんなローンであっても返済する際には利息が発生します。

金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例に比較すると、イオン銀行の金利は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の金利は年2.5%から年7.5%で、オリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

ちなみに消費者金融(プロミス)の場合は、ペットローンはないので目的ローンという商品になりますが年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

借入できる限度額はスルガ銀行は800万円、イオン銀行が700万円と高額融資も可能なのに対し、消費者金融の借入だと300万円しか融資を受けられません。

ホームセンターで知られているカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、関東地方を中心としたカインズホームで「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬や猫をはじめ、鳥や小動物、観賞魚など、カテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので手持ちがすくない…と言う場合にはペットローンを使うのも有効な方法です。

パートやアルバイトの人がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社だと、オリコで多目的プランというペットローンに対応ローンがあるのですが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融にはペット購入目的のローンはないのですがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

メニュー