ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME >> 銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は収入の1/3を超える借り入れを禁止している総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦には収入がないので、消費者金融から借り入れることはできません。

銀行のローンであれば専業主婦でも利用することができますが、ペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の申請資格に「安定した収入がある方」とありますので条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行でもペットローンはありますが、専業主婦や無職の人は申し込めませんので専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

そのためちょっとした通院でも全て実費となってしまうので数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険に入るだけ無駄だと感じる人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

ペットローンとはペットショップなどから動物を購入する際に購入資金を工面するために用意されたローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワだと、30万円前後の価格帯になります。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーでは21万円から38万円もの価格になります。

さらに血統書の有無でも価格は変わってきますので犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安いとは買い物ではないということを肝に銘じておきましょう。

ペットを家族に迎えるということは、ビビッときた子と出会った時が運命なのですぐにお迎えするにはペットローンを有効に利用したいですね。

ペットローンというローンを取り扱っている金融業者はあまりないのですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローンは商品を購入するためだけのローンなので例えばペットローンの場合は、購入したペットの代金を信販会社が立て替えて支払います。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

つまり、ローン審査を通らない限りお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちた人は、原因が必ずあるはずです。

過去に自己破産をしていたり携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安…など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利になりますが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

ペットローンを提供していない銀行や消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行、信販会社、消費者金融の順で低いのですが、低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンというローンもありますが、ペットローンのように使い道が限られている低金利のローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。

セディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンでペットを購入するためのローンを組むことができます。

セディナの総合目的ローンは入院や結婚式など大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップの見積書や契約書があれば融資の使い道を証明できますので、ペットの購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定されており、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

ペットローンがある銀行は非常に少なくほとんどの銀行では多目的ローンというローンで対応してるようです。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、借入期間は最大8年までです。

スルガ銀行の金利は年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年で、こちらも繰り上げ返済がいつでも無料です。

銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが非常に魅力的ですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

ホームセンターのカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPからチェックすることができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので手持ちがすくない…と言う場合にはペットローンを使うのも有効な方法です。

メニュー