ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

ペットローンは動物を購入するためのローンになります

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME >> ペットローンは動物を購入するためのローンになります

ペットローンは動物を購入するためのローンになります

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

よって、ローン審査を受けて承認されないとお迎えしたい子がいてもペットローンを利用できません。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちたという人は他のローン審査も通過できない可能性があります。

これまでに自己破産や債務整理の経験があったり携帯電話の支払いを遅れたことがあるという人は信用情報に記載されている可能性が高いです。

また、複数の金融機関から借りているとか申込時に借入件数や金額を少な目に記載するなど、虚偽申告している場合は問題外です。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンはやっていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンもありますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが目的別ローンといった形で対応している業者は多いです。

ローンを提供している融資元には銀行や信販会社などがありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることという条件があることが多いです。

信販会社のショッピングローンはある決まった商品を購入するためだけに組まれるローンなのでペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンがあります。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定されており、融資額は5万円から300万円、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが車を購入する際に利用するオートローンはトップをシェアを誇ります。

しかし、オリコにはペットローンはなく、使い道が決まっていない目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上からで、金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要です。

なお、オリコからの借金が50万円を超える場合や他社からの融資と合わせて借入が100万円を超えてしまった場合は所得証明書の提出が必要となります。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品は充実していますが、ペット自身の販売はあまり見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPからチェックすることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してショッピングローンを組めるように対応している店舗が多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものでローン組んだ人は購入代金を信販会社へ金利を付けて分割払いで返済していきます。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

ペットショップで申込書に記入するローンもショッピングローンですから審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

スルガ銀行は関東ではあまり見かけないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開しています。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

パソコンやスマホからなら24時間いつでも申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入があることが条件となっています。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行の場合は総量規制の適用外なので専業主婦でも借入可能ですがペットローンに関しては、必ず融資を受けられるというわけではありません。

スルガ銀行では「安定した収入がある方」という条件になっていますので条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

イオン銀行にもペットローンはありますが、収入のない人は申し込めませんから専業主婦の方は、ご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンを提供している銀行は少なく大抵は多目的ローンで対応しています。

ペットローンを販売している銀行はイオン銀行やスルガ銀行などがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、借入期間は最大8年までです。

一方で、スルガ銀行はというと、金利年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、繰り上げ返済はいつでも無料、借入期間は最大10年となっています。

銀行のペットローンというのは、非常にメリットが多いのですがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

メニュー