黒ニキビって何?

ニキビの初期段階と言われている白ニキビの中にたまっている皮脂が空気に触れて酸化すると変色して黒くなります。

それが黒ニキビです。

白ニキビは古い角質などで肌の表面がふさがれているために、皮脂が肌の内側にたまってしまうことが原因で現れます。

その段階で古い角質を取り除いたりして治療を行えばすぐにニキビは解決するのですが、放置しておくと皮脂がどんどんたまってくるので白ニキビも大きくなってきます。

そして、肌の内側から押し出された皮脂成分が酸化して黒くなってしまうので、黒ニキビは白ニキビよりも大きいことが多いですし、また、白ニキビよりも成長しているので、黒ニキビが赤ニキビに変わってしまう前に急いで治療をしなければいけません。

黒ニキビができやすい方は、肌の角質ケアがきちんと出来ていないのかもしれません。

また、若い頃は肌の基礎代謝が活発なので角質ケアもあまり必要ない事も多いのですが、受験勉強や仕事などでストレスに強くさらされた生活をしているとどうしても代謝が衰えて古い角質が肌の表面に残ってしまうので黒ニキビもできやすくなってしまうようです。

そのため、白ニキビや黒ニキビができやすい方は定期的に肌の角質ケアや毛穴ケアなどを行なう事が大切です。

黒ニキビのケアは基本的に白ニキビのケアと同じなのですが、ニキビ跡を残さずに治療をしたい場合には皮膚科などで専門的な治療を受けた方が良いでしょう。

黒ニキビが進行して赤く炎症を起こしてしまってからではニキビ跡の凹凸や色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

そうなる前にニキビは早期治療が大切なのです。

ニキビケアおすすめ
ニキビケア化粧品ランキングではニキビが気になるあなたに口コミで評判、おすすめのコスメをご紹介します。
xn--cckvam6htb.cc/

洗顔石鹸おすすめランキング
洗顔石鹸の口コミと人気ランキングのご紹介サイト、口コミでおすすめの商品を実際に体験して徹底比較します。
xn--jywq5uq9zyef.tv/