過払いってなに?

過払いとは、過払い金、貸金業者が債務者に対して利息制限法を超える利息で貸付を行い、債務者が法定利息をオーバーして貸金業者に払いすぎた利息分のことです。

利息制限法に基づいて引直計算を行って、その結果元本を返済し終わっているにも関わらず支払わされた差額は取り戻すことができます。

過払い金の発生する原因は、貸金業者が契約時に決める利率と利息制限法に定める利率との間に大きな開きがあるからです。

貸金業者の多くは、掲示罰の対象になる出資法を超えた利率での貸付と違い、利息制限法の定める利率を超えた貸付を行って罰を受ける対象にならないことを利用して、出資法が定める上限利率の29.2%に限りなく近い利率で貸付を行ってきました。

利息制限法が定める金利の制限は、「10万円未満・年20%」「10万円以上100万円未満・年18%」「100万円以上・年15%」です。

このため、29・2%という出資法ぎりぎりの利率で貸付を行っていると、個人向けの貸付に関して本来遵守されるべき利利息制限法で引直計算すると過払い金ができる事例が増えているのです。

一般的に、過払い金が発生している可能性のある同一貸金業者との取引年数は5年以上といわれています。

7年を越える取引であれば、まず過払い金が発生しているといってもいいのですが、過払い調査の直前に多額の借り増しを行っていたり、少額の借り入れ契約を何度も行っている場合は過払い金が発生していないこともあります。

アコムの借り入れ
アコムでキャッシングの契約をする前に、必要な書類や借り入れの条件、審査について知っておきましょう。
www.zeyew.com/

モビット申し込み
モビットでお金を借りるときに気になる借り入れ条件や、口コミ・評判といった情報をご紹介しています。
www.rigaexpat.net/