ペットローンは審査甘い?厳しい?ペットローンで審査に通らない理由や申し込みの手順を分かりやすくご紹介します。

ペットローン審査甘いところある?

ペットローン審査甘いところある?【審査通らない理由3選】
■HOME

ペットローンはアルバイトやパートでも組めますか?

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行の場合は年収制限はないので、アルバイトでも申し込み可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンがあります。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行される見積書などがあればペットローンにも利用することができます。

ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、担保や保証人不要で返済期間は最長5年となっています。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開しています。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最高800万円にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低いのが特徴的です。

全国どこからでも24時間パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

申請の条件には年齢が20歳以上65歳未満であること安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金があれば借入金額を減らすことができますよ。

借入金額が減ることで審査のハードルもぐっと下がりますからペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金は多ければ多いに越したことはありませんが金額は自分で設定することができます。

ただし、生体価格のほかにもワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金を全額頭金にしてしまうのはやめておきましょう。

その他にも、首輪や餌、ペットシーツなどのといった費用も必要になりますし犬小屋やケージを含めると数万円はかかってしまいます。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行には使い道に制限がないカードローンがあるのですがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコではペットローンというローンは用意されておらず、旅行資金や歯の治療などに利用できる多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、10万円から300万円まで融資可能です。

なお、オリコからの借金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

住宅ローンを組むに当たり審査は避けて通れませんがペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローンは銀行や信販会社で取り扱っていますが銀行のペットローンは審査が厳しめです。

銀行のペットローンはペットショップで提供している信販会社のローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということで見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しく次いで信販会社のペットローンとなっています。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことで自動車を購入する際のマイカーローンなどがそれにあたります。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができ、金利は6.0%から13.2%です。

セディナには総合目的ローンという商品があり最高300万円まで融資可能で、金利は7.8%から11.8%です。

ホームセンターで知られているカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、関東を中心とした日本各地のカインズホームにて「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

運命の子を見つけたらすぐに連れて帰りたいと思うはずですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

つまり、ローン審査を通らない限り気に入った子を見つけてもペットローンは利用できないのです。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に通らなかった人は原因があるはずです。

過去に遅延や滞納歴があったとかそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

その他にも、数社から融資を受けているとか申込時に借入件数や金額を少な目に記載するなど、虚偽申告している場合は問題外です。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を通過する必要があります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、多くの信販会社ではペットローンの取り扱いはなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるようになっています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことで自動車を購入する際のマイカーローンなどがそれにあたります。

信販会社のオリコは多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができます。

セディナには総合目的ローンという商品があり最高300万円、金利は7.8%から11.8%です。

ホームセンターのカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、北海道と東北地方を除いた、関東地方を中心としたカインズホームでは「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬や猫をはじめ、鳥や小動物、観賞魚など、カテゴリー別に検索することができます。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

この子!と言う子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情です。

手持ちや貯金に不安を感じる場合はペットローンを使うのも有効な方法です。

セディナにはペットローンという商品はないのですが総合目的ローンという商品があります。

総合目的ローンは入院や引っ越しなど大きな資金が必要になったときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行された見積書や契約書があれば融資資金の使い道を証明できるのでペットローンにも利用することができます。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円で、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には期間や金額等制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融にはペット購入目的のローンはないのですがプロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

住宅ローンを利用する際に審査を避けて通れないようにペットローンでも審査をクリアする必要があります。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

つまり、キチンと返してくれる人なら安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、次いで信販会社のペットローンとなっています。

ペットショップでペットを買う際にローンを組むとしたら頭金を納めることをおすすめします。

借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますのでペットローンを利用しやすくなりますね。

頭金を積む金額は多い方がよいですがいくら納めるかは任意です。

ただし、犬や猫の場合はその子以外に狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金を全て頭金にしてしまうのは避けましょう。

別途かかる費用としては首輪や餌、ペットシーツなどの小物代も必要になりますし小屋やケージ、サークル等を含めると数万円はかかることを計算しておきましょう。

ペットもケガや病気になることは十分考えられるのですが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり給付条件が厳しい、請求手続きが複雑など実用的でない保険が多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利が2.5%から7.5%と非常に低金利なのがお分かり頂けるかと思います。

パソコンやスマホで申込が可能で来店する必要もありません。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定した収入があることが必須となっています。

ペットローンはペットを買ったり治療費など使い道が限定されていますが当然、ローンの審査をクリアする必要があります。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローン申込書に記入し提出する必要があります。

申請に必要なものとして、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

すでに他社からの融資を受けていて、今回の借入と合算して100万円を越える場合や所得制限がかかっているローンでも収入を証明する書類が必須となってきます。

ペットローンは使い道が制限されているローンですから使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなどなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

ペットローンでは収入がきちんとあればパートやアルバイトでも借入OKというローンが多く金額よりも安定・継続して勤務しているかということを重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですが勤続年数が長ければ長いほど評価は高くなると言えるでしょう。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?など、返済状況や金融事故歴のほうが問題になります。

ペットローン利用のメリットとデメリット

ペットローンとは動物を買う際に利用されるローンです。

人気の犬種で比較的安価な柴犬でも20万前後が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。

アメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドなど人気の猫種だと、20万円から28万円が相場となっていてブリティッシュショートヘアーの場合だと21万円から38万円となっています。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますのでペットショップで動物を飼うということは、決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びにおいては、ビビッときた子と出会ったが最後ですから他の人の子になってしまう前に、ペットローンを有効に利用しましょう。

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから数万円の治療費は起こり得ることと覚悟していなければなりません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは保険のお世話になる心配は少ないことからペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

最近では、転ばぬ先の杖として保険に加入するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行には使い道が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわる必要はありません。

スルガ銀行は関東では馴染みが浅いですが、静岡県沼津市に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最高800万円にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

インターネットで全国どこからでも申込でき審査から契約手続きまで全てがWeb完結しますから、来店の必要はありません。

参考:ペットローン審査甘い?審査基準は厳しい?【ローンの組み方】

ローンの申込条件として年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの場合、年利6.0%から13.2%なので、銀行より高金利なのがわかりますね。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、オリコやプロミスは300万円と低く、プロミスには総量規制が適用されます。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップを展開しています。

ペッツワンのペットはカインズホームのサイトから見ることができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

中でも犬の販売に力を入れているようでトップページには新着の犬ちゃんがランダムに登場しますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので資金に不安を感じたらペットローンの利用をおすすめします。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンがあります。

セディナの総合目的ローンは入院や結婚式など大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップで発行される見積書や契約書があれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

ローンの条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下であることや、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定されており、融資額は5万円から300万円、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。

ペットローンはペットを買ったり治療費など使い道が限定されていますが他のローンと同じで、ローンに申込み、審査に通る必要があります。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローンの申込書に記入し送付または送信し、手続きを進めます。

申請に必要なものとして、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要になります。

(50万円を超える借り入れの場合)すでに他社からの融資を受けていて、今回の借入と合算して100万円を越える場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンというローンは使い道が限定されているローンなので使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。

ペットローンを専門に取り扱う金融業者はまだ少ないですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローン似ついて紹介するとペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンはなんとなく、審査のハードルが低く見られがちですがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

オリコのローンには目的別ローンなどがあるのですが中でもオリコのオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコにはペットローンはなく、多目的プランを利用することになります。

そのため、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申請になりますがオリコの審査は非常に早いので、申込条件に問題なければその場で契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、10万円から300万円まで融資可能です。

気を付けなければいけない点として、オリコから借りるお金が50万円を超える場合や他社からの借金を合わせて100万円を超えてしまう場合は所得証明書が必要です。

メニュー